株初心者におすすめ!投資漫画インベスターZが面白い!

インベスターZ

講談社のモーニングで連載をしている「インベスターZ」は投資を扱った漫画で、漫画としては珍しいジャンルです。

作者はドラゴン桜などを描いていた三田紀房さんです。

インベスターZとはどんな漫画?

インベスターZ

インベスターとは「投資家」を意味する言葉で、その名の通り投資を扱った漫画です。

主人公である財前孝史は中学1年生で、頭の良い中高一貫校に入学します。

その学校では成績上位者のメンバー数人で秘密裏に投資を行う投資部があり、投資で儲けたお金で学校を運営しているのです。

 

主人公が中学1年生ということで、株や投資を初心者にも分かる様に説明してくれます。

株をやってみようか漠然と思っていましたが、この漫画を読んでさらにやってみたいという意欲が湧きました。

 

株だけではなく、世の中の経済のことも詳しく書かれていてとてもためになります。

お金という概念が生まれ現在に至るまでの経緯だったり、東証一部二部、マザーズ、ジャスダックがどういったものかを説明してくれています。

 

もちろん株についても学ぶ事が出来る

株について学べる漫画

インベスターZは株を始める前の初心者が必ず読むべき漫画だと思っています。

よく「株で勝つ方法」「株で利益を○○倍にする方法」といった商材などがありますが、株で絶対に勝つ方法はありません。そんな商材を高いお金を出して買うよりも、インベスターZで株のいろはを学んだ方が良いと思います。

 

数年前までは常に黒字で利益を出し続けていたマクドナルドですが、中国の腐敗肉を使用していたり異物混入の問題があったりと、嫌なニュースが続きマクドナルドは大赤字に。店舗閉店が次々と行われています。

一昔前では東京電力の株を買っていれば安泰と言われていたので、退職金のお金で東京電力の株を買っている高齢者も多くいましたが、震災による原発の問題で信用が失われ株価暴落となりました。

こういったことは予想できないので、「株で絶対に勝てる」ことはありえません。

 

胡散臭い商材を買うよりも、インベスターZを買って読んだ方がコスパが良いように思えます。

インベスターZの中に「株は法則で売れ!」だったり、「戦時中の株取引はどうだった?」といった興味深い内容の話がたくさんありましたので、自分の目で確かめてみてください。

 

実在の企業や人物も多数登場している

実在の企業や人物も多数登場している

ミドリムシの培養をしているベンチャー企業の出雲充さんであったり、ホリエモンの愛称で有名な堀江貴文さんも漫画の中に登場しています。

実在している企業や人物が登場しているので、実際の出来事と照らし合わせながら読む事が出来ます。

株をやっている方はもちろんですが、株をこれからやってみようと思っている方には是非読んで欲しい漫画です!

追記

先日インベスターZの10巻が発売されましたが、マンガの帯に書かれた内容によると、まだ50万部しか発行されていないようです。

経済の知識や株の知識をかなり詳しく学ぶ事が出来るマンガですが、今までに読んだマンガの中でここまで為になるマンガはなかったなぁ・・・。と思うくらい密なマンガです。

現在インベスターZの1、2、3巻が電子版で無料公開しているようなので、読んでみるか気になっている方は覗いてみてはいかがでしょうか。(期間限定なのでお早めにどうぞ。)

宜しかったらシェアをお願いします!