YouTubeのアドセンス収入が減っている?ユーチューバーは今後どうなるのか

YouTubeで人気になる

「好きな事で生きていく」というフレーズで一般にも浸透しているYoutuber(ユーチューバー)という言葉。日本の有名なユーチューバといえばHIKAKINが有名ですよね。

テレビにも出演したりと、ネットだけにはおさまらない活躍をしています。今後もユーチュブとして稼ぎ続ける事が出来るのでしょうか?

そもそもYouTubeで稼げる仕組みって?

YouTubeで稼ぐ

そもそも、動画を投稿するだけでなぜお金がもらえるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

YouTubeでお金を稼ぐ事が出来る仕組みを簡単に説明していきます。

 

YouTubeでは自分が投稿した動画に広告を張る事ができ、その広告が視聴者にクリック(動画広告もある)されることによって数円〜数十円の収益が発生する仕組みになっています。

つまり動画の再生回数が多ければ多い程、広告がクリックされる回数も増えていきます。

 

もちろんテレビ番組や漫画の内容をそのまま転載するような、著作権に触れるような方法で稼ごうとするとアカウントを停止されてしまいます。

アカウントを停止されてしまえば復帰は難しいので、利用規約に反する行為はやめましょう。

 

日本で一番チャンネル登録者数が多いHIKAKIN(ヒカキン)は、年収が1億円以上あるのではないかと言われています。

一躍有名になってしまえば本を執筆したり、テレビに出演したりと活躍の場はネット以外にも及びます。

自分の好きな事でそんなにも大金を稼げるなんて最高!と思うかもしれませんが、現実はそう甘くはありません。

 

YouTuberの収入が激減?

YouTubes収入激減

YouTubeの収入計算は再生回数×0.1円とよく言われています。

動画が1万回再生されると、約1,000円もらえる計算です。

 

しかし、最近になって再生回数×0.05円になったと言われています。

この計算でいくと、1000円稼ぐのに2倍の再生回数が必要になってしまいます。

 

あくまで噂程度なので実際のところは分かりませんが、YouTubeに広告を出す企業も、時期によって広告費にかける額は大きく異なってくるので、稼げる月と稼げない月が出てきたりします。

クリスマスや年末になると大きな買い物をする人が増えるので広告費にあてる額が高くなったりしますので、YouTubeで稼げる金額はかなり変動します。

一年の経過をみないと稼げる金額が減ったのかは分かりませんが、YouTube側がユーチューバーに支払う額を下げた可能性は大いにありますし、今後下げないとも限りません。

 

サイトやブログでも同じような事があった

サイトやブログでも広告収入が減る?

サイトやブログでも広告を貼って稼ぐ事が出来ますが、過去に同じ様なことがありました。

ブログやサイトにおすすめの商品としてAmazonリンクを掲載し、そこから商品が購入されると購入額の10%が仲介料としてもらえるAmazonアソシエイトというサービスがありました。(商品のジャンルによって利益率はことなります)

 

しかし、仲介料として購入額の10%もらえていたものが5%に下げられたりと、もらえる額がどんどん下がっています。

こういった過去の例から、ユーチューバーに支払われる金額がが減らされてしまうということも十分ありえるます。

 

YouTubeで人気になって稼ぐには?

YouTubeで人気になる

では、YouTubeで人気になり大金を稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

それは「人と違う事をやる」これに尽きます。

 

YouTubeを見ると同じような動画がたくさんあるのですが、もちろんそんな動画を誰も見たいと思わないですよね。

誰もやった事が無いような事をやることで視聴者が集まり、それが面白ければSNSなどで拡散されていきます。

そういった動画をいくつか投稿する事が出来ればチャンネル登録者は増え、稼ぐ事ができます。

 

ヒカキンを参考にしてみると、どんな動画でも再生回数が何万・何十万になっていますよね。

あれは一定の固定ファンがついているので、面白くない動画も中にはあるのでしょうが、「HIKAKINだから見てみよう」「HIKAKINの最新動画をチェックしてみよう」となるわけです。

一度固定ファン(チャンネル登録者)が増えれば、それ以降どんな動画でも再生回数はある程度増えていくということです。

この流れを作るためには、先ほども行った様に今までにない動画を投稿することが大切です。人と同じ事やっても意味が無いので、工夫をして人気ユーチューバーを目指してください。

 

宜しかったらシェアをお願いします!