イルカやクジラ漁の批判をしていいのは生き物の命を奪っていない菜食主義の人だけだと思う

漁でイルカやクジラを獲ると、何かと批判を受けてしまいます。

日本人でもイルカやクジラ漁に批判的な意見を持つ方はいると思いますが、個人的に批判的な意見を持つ方は外国人に多いイメージです。

しかし、イルカやクジラ漁を批判できるのは菜食主義の人だけだと思うんです。

かわいい・頭が良いから捕獲するのはダメという謎理論

かわいい・頭が良いから捕獲するのはダメ

イルカやクジラ漁に反対の意見をいくつか挙げてみます。

まずは「イルカ・クジラは人になつくし、可愛くて賢いから捕獲してはダメ!」といった意見。

かなり謎理論ですが、逆に言ってしまえば「可愛くなくて賢くない動物は殺して食べてもOK」ということになるんでしょうか。

動物が賢いかどうかはある程度分かるものかもしれませんが、「可愛い」という感情の部分は人によって違ってきますし、ウシやブタを可愛いと思う方も中にはいるので、可愛いから獲るのはNGというのはちょっと無理があります。

国々で食文化は違ってくるので、自分の国では行われていない行為=NG行為と決めつけてしまうのはレベルが低い気がします。

 

他の食べ物があるから良いじゃんというアホ理論

他の食べ物があるんだからいいじゃん

「他にも魚(食べ物)がいっぱいあるんだから、わざわざイルカやクジラを食べなくても良いじゃん」という理論。

この理論が一番アホだと思うのですが、そもそもイルカやクジラ漁を批判する人は「イルカやクジラ以外は食べてもOK」という考えなので説得力が無いんですよね。

「イルカもクジラも、ウシもブタも食べるのはやめましょう!」というのであれば理解出来そうな気もしますが、「イルカやクジラはダメだけどウシやブタはOK」という考えだと、ただの自己中心的な意見なので聞き入れ必要もないですよね。

 

「イルカやクジラを食べない」という選択をするのは個人の自由ですが、それを人に強要してくるのはナンセンスです。

毎日3食、同じものを食べても生きてはいけると思うので、人に強要せずに一人で行えば良いのですが・・・。

 

批判できる人は他の生き物の命も奪ってない人

批判できる人は他の生き物の命も奪ってない人

人が生きていく以上、他の生き物の命を奪ってしまうのは仕方がないと思います。

菜食主義の人であれば批判できると書きましたが、農薬を使用して栽培した野菜であれば間接的に虫の命を奪っているので、「生き物の命を奪ってはいけない」という理由で批判されるのであれば、あなたも間接的に命を奪ってますよということになります。

 

虫だから、イルカだからと命に優劣を付けるのは簡単ですが、人が生きていくには間接的であれ生き物の命を奪っています。

感情的になって批判している人も、生き物の命を奪っているということを理解してほしいですね。

宜しかったらシェアをお願いします!