Xperia Z4 Tabletの Wi-Fi モデルが登場! iPad Air2とのスペック差は?

Sony Mobileがこの度、Xperia Z4 Tabletの Wi-Fi モデルを販売開始いたしました。

基本的にSony Mobileはスマートフォン版のZシリーズと呼応するようにタブレットシリーズを販売していますが、どれも高性能と評判です。

そこで今回は、AppleのiPad Air2とスペック比較をしてみました。

 Xperia Z4 Tabletのスペック

Xperia Z4 Tabletの性能

ディスプレイ:10.1インチ(2560×1440)

サイズ:254×157×6.1(mm)

RAM:3GB

内臓カメラ:810万画素(アウト)、510万画素(イン)

バッテリー:17時間

重量:389g(Wi-Fiモデル) 393g(LTEモデル)

iPad Air2のスペック

iPad Air2の性能

ディスプレイ:9.7インチ(2048×1536)

サイズ:240×170×6.1(mm)

RAM:2GB

内蔵カメラ:80万画素(アウト)、720p F2.2 HDR(イン)

バッテリー:10時間

重量:437g(Wi-Fiモデル)、444g(Cellular)

注目すべきは、RAMとバッテリー駆動時間、ならびに重さで全ての面においてZ4の方が優れています。

特にバッテリーに関しては7時間も差があるので大違いですね。

 

性能で考えるとiPad Air2は大きく劣っています。

実はこのスペック差はXperiaとiPhoneにも言える事で、ハードスペック面ではXperiaが勝っている場合が多く、高性能を維持しています。

 

一方で、普及率が高くデザイン性に定評のあるiPhoneはオプションパーツも豊かで扱いやすい印象です。

スマートフォンやタブレットにどこまでの性能を求めるか、何を重要視するかによるということですね。

今回のXperia Z4 TabletとiPad Air2に限って言えば、大画面でゲームアプリを動かしたいという方であればZ4がおすすめです。

現状においてゲームアプリは、メモリによって動作の軽やかさが激変するからです。

 

外部メモリーの存在も大きい

外部メモリーの存在も大きい

内臓ストレージに関しては、Z4は32GBで固定。一方でiPad Air2は16GB、64GB、128GBから選択する形になっています。

iPad Air2は容量が選べますし、容量も128GBまであります。

ただしZ4はmicroSDスロットを内蔵しており、最大128GBまで対応しています。

 

つまり、32GB+128GBと出来る上に、状況に応じてSDカードを換装することも出来るわけです。

写真や動画、表示させたいファイルなどをSDカードに収納しておけばかなり便利だと思います!

宜しかったらシェアをお願いします!