BIGLOBE(ビックローブ)が格安SIMフリースマホのMNP専用カウンターを設置!設定が簡単に!

格安SIMフリースマホ

ビッグローブが通称「格安SIM」で知られるMVNO サービス「BIGLOBE LTE・3G」において、MNP手続きを即日で行う専用カウンターを展開していくと発表しました!

これが全国的によく見られるサービスになれば、IT関係に詳しくない人でも簡単に格安SIMを導入できるようになるかもしれません。

格安SIMってそもそも何?なんでカウンターがあると便利なの?

格安SIMフリースマホってそもそも何?

格安SIMというのは大手キャリアの通信網を利用しつつ、人件費を極限にまでカットし、通話無料分は無し、通信容量も3GBなどの制限があるものの月額使用料が非常に安いと評判のサービスです。

しかし、サポート体制は3大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と比べると何もないに等しく、基本は契約から設定、開通にいたるまで自分で行わなくてはいけません。

他キャリアで現在の電話番号を使う事の出来るMNPに至っても、大概の事業者では自分ですべて行わなくてはいけないという状況です。

 

この作業が、デジタル機器に詳しくない人にとっては非常にハードルが高いものとなっています。

しかし、即日で転入手続き出来るカウンターがあれば安心して移行できると言えるでしょう。

 

これからどうなる?格安SIM

格安SIMは今後どうなる?

確かにこうした専用カウンターが存在すれば難易度が下がったのは確かですが、それでも何も知らずに誰でも格安SIMに移行できるとは言いにくい状況です。

値段の比較としては三大キャリアでスマートフォンを利用する場合、機種代とあわせると毎月1万円近くかかることに対して、格安SIMと格安スマホな3000円代に抑える事も出来ます。

つまり三分の一の価格に抑えられるというわけです。

 

そこで考えられるのが、ミドルクラスのサービスが普及する事。

格安スマホの基本料金+機種代が3000円クラスなのに対して、4000円〜5000円ほど払っても良いから、もう少し良いサポート体制が欲しいという人もいると思います。

加えて、現状では格安SIMの音声通話に無料通話が含まれていないので、通話料が多い人の場合は二台持ちするか諦めるしかありません。

 

ビッグローブといえばかなり知名度の高い会社ですし、他にもOCNなどが参入している格安SIM業界です。

大手プロバイダの多くはこうした電話回線も含めた通信サービスをどんどん広げる一方で、もう少しサービスが良いミドルクラスをリリースしていく可能性が高いですね。

一方で、大手キャリアも静観しているとは思えませんから、大きく割引をしたり、子会社の格安SIM業者への転入をサポートするような動きをする可能性も十分にあります。

格安SIMのスマートフォンにしたいけど、難しい設定は出来ないという方はBIGLOBEがオススメです!

「BIGLOBE LTE・3G」のリーズナブルなプラン

宜しかったらシェアをお願いします!