格安SIMフリースマホのMNP手続きが即日化?ネットや電話で簡単に!

MNPってどうやるの?

格安SIMの人気が高まる一方で、音声通話付のプランであればMNP(携帯の契約会社を変えても電話番号はそのまま使えて、機種代が無料になる様なサービスのこと。)は行いたいところ。

しかし、手続きのことを考えると面倒くさいと感じる人も多く、足踏みしている方も多いのではないでしょうか?

ところが最近になって、もっと手続きが簡単になる動きが出てきており、もう少し経てばほとんどの格安SIM業者で簡単にMNPが行えるようになるかもしれません。

MNPってどうやるの?

MNPってどうやるの?

MNPを行うなら、まず現在契約しているキャリアにMNP申請を出して発行コードを受け取り、格安SIM業者に発行コードとともに申請をして、格安SIMを発送してもらう形になります。

この際、これまでであれば格安SIM業者に申請してから格安SIMが発送されて手元に届くまで、電話が使えない期間が生まれてしまうので、仕事で使っている人にとっては大きな痛手となっていました。

 

ところが新しい形態では、格安SIMが発送されてからネットまたは電話で開通手続きを行うので、変更手続きは即日で電話が使えない期間もほとんどないという状況になるようです。

これであれば、MNPの開通手続きもかなり簡単になるので変更しやすくなります。

 

格安SIMに乗り換える場合、注意しておきたい事

格安SIMに乗り換える場合、注意しておきたい事

このように、格安SIMへの乗り換えは簡単になっていく一方ですが、注意しなくてはいけない事もいくつかあります。

まず第一に、キャリア用のメールアドレス(@docomo.ne.jpのようなもの)は使えなくなります。携帯のメールアドレスで何かを登録している人は気を付けた方が良いでしょう。

 

次に、現状では格安SIMのプランで通話し放題のプランはほとんどありません。

無料通話分がないというものばかりなので、よく電話する人は気を付けましょう。

一応、通話料が安くなるようなサービスを行っている業者も多くありますが、定額でないことは確かです。

無料のスカイプやLINE通話では電話番号が発行されていないですから、有料プランに切り替えない限り通常の通話は行えません。

 

また、回線速度に関しても3大キャリアより若干劣っているものが多く、契約した格安SIMと使用する場所と時間によっては、著しく回線速度が遅くなったと感じる人も少なくありません。

格安SIMはデータ通信プランなら違約金を掛けることなくいつでも解約できるので、とりあえず安いデータ通信プランを一つ契約してみて使用に問題ないと確信できたら、改めて乗り換えるというのも一つの手です。

特に固定電話を持っていない方にとっては、回線事情が死活問題となるので気を付けましょう。

宜しかったらシェアをお願いします!