Smart Watchがウォッチフェイスを変えるアプリをリリース!なぜスマートウォッチは普及しない?

ライバル「Apple Watch」とSmart Watch3の関係は?

Sony MobileがSmartWatch 3用の公式アプリとして、ウォッチへフェイスをカスタマイズできるソフトウェアを無料でリリースしました!

ライバル「Apple Watch」との関係は?

ライバル「Apple Watch」とSmart Watch3の関係は?

画像:SONY

スマートフォンと連携できる腕時計タイプのガジェットは、AppleからApple Watchが販売される一方で、今一浸透していないのが現状です。

価格帯の割に大きなメリットが生まれていない分、今のうちに少しでもシェアを回復したいという思いがあるのでしょう。

全体的な評価で言えば「Apple Watchはお洒落だけど高い」「SmartWatch は安いけどダサい」といったイメージがあり、少しでも格好よさをアピールしたいという事だと思います。

これからどうなる?スマートウォッチ

スマートウォッチはこれからどうなる?

確かに腕時計とスマホアプリが連携できるというのはすばらしいですが、腕時計をする人自体が減っている今、腕時計型のガジェットを流行らせるにはもう少し工夫が必要な様子。

一番簡単なのはブランド時計とコラボする事ですが、そうなると単価が跳ねあがってしまうため、一般的な普及は難しくなってしまいます。(先日エルメスとApple Watchがコラボしましたね。)

見た目で考えるなら、SWATCH のような低価格の時計と提携するくらいが良いのかもしれません。

 

一方で機能性として問題があるのは、やはり画面の小ささ。

大きくなりすぎては腕時計として使いにくいですし、かといって現状のサイズでは大した機能を付与できません。

電話の着信管理ができるというなら、腕時計が受話器変わりになれば良いのですが・・・。(昔のスパイ映画であったみたいに、腕時計に喋りかけるなんて事も出来るかと思います。)

そうすれば、本体がタブレットくらいのサイズはあっても、電話機能は腕時計で管理できるのでかなり便利です。

 

スマホ、もしくはタブレット1台とスマートウォッチを所持するのが当たり前という時代が間近かもしれません。

スマホ自体は高機能になるにつれ、画面の大きさが携帯電話としては限界のサイズにきているので、そうした機能の分離が出来るガジェットが好まれるでしょう。

スマートウォッチは既にスマホの子機のような存在として扱われていますが、遊び機能ばかりが充実しても使い勝手にメリットを感じないので、そうした切実な問題に対応してほしいものです。

現在でも一応、小型のヘッドセットと併用すれば同じような事はできますが、常にヘッドセットを身に着けている人などほとんどいないので、着信機能にあまりメリットを感じられないのが現実です。

宜しかったらシェアをお願いします!