Thunderbolt(サンダーボルト)ケーブルの使い方とは?カメラ持ちにはオススメ?

そんなに外部の大容量ストレージを使う事ってある?

Apple製品専用の端子として存在する「Thunderbolt(サンダーボルト)ケーブル」。

Thunderboltは通常のUSBよりも高機能で、USBと比べるとデータの転送スピードがかなり速いです。

Mac ProやiMac、MacBook ProやMacBook Airには標準で付いているものの、一般的には利用者も少ないと言われています。

使う人が少ないにもかかわらず、いまだに最新の製品に標準搭載されているのは何故でしょうか?今回はあまり知られていない、その使い方をご紹介します。

USB3.0より断然高速!その使い道は?

USB3.0より断然高速!その使い道は?

USB3.0より断然高速と言われても、その使い道が無ければ意味がありませんよね。

DVDドライブやブルーレイドライブにそこまでの転送速度は必要ありませんし、普通に使っていれば転送速度を気にすることは少ないと思います。

 

Thunderboltが有効なのは、外付けHDDの様な外部の大容量ストレージで使う際に真価を発揮します。

USB3.0がUSB2.0よりも速いと言われますが、HDDや内臓SSDと同レベルでファイルの読み書きは出来ません。

その点Thunderboltを使えばかなり高速でファイルにアクセスできるため、大きなファイルを出し入れする方にはとてもストレスフリーな環境を構築できます。

そんなに外部の大容量ストレージを使う事ってある?

そんなに外部の大容量ストレージを使う事ってある?

画像:Thunderbolt

一般的な使用範囲でいうと、USB3.0ではなくThunderboltを使わないと何も出来ない!という事はほぼ無いと思います。

しかし、映像や画像ファイル、PSDファイルなどを頻繁に扱うお仕事や、趣味を持っている方であればとても便利なので、作業をサクサク進ませたいという方は使用してみましょう。

また、一般の人もThunderboltを使えるような便利な使い方があります。

 

デジタル一眼レフにはまっている方にはおすすめ!

デジタル一眼レフにはまっている方にThunderbolthはお勧め

デジタル一眼レフで撮影した写真データ(RAW)は、極端にサイズが大きく扱いが大変です。

これをそのまま管理しようとすると内蔵ストレージでは追い付かないので、外部に保存をしたいと考える方も多いと思います。

 

そんな時に役立つのがThunderboltで接続した大容量ストレージ。超高速で大事なRAW形式の写真をバックアップできるので結構助かります。

ポータブルSSDをThunderboltで接続するなら持ち歩きも可能なので、ノートパソコンとも相性が良いです。

宜しかったらシェアをお願いします!