「LINE」「Skype」「Facetime」どのチャットソフトが便利?それぞれの特徴や違いとは

Facetimeの特徴

通話ができるアプリと言えば「Line」や「Skype」Apple製品同士で使える「Facetime」と、有名どころだけでも選択肢がいくつもあります。

そこで今回は、それぞれの大きな違いやメリットについて詳しく紹介します。

LINEの特徴

通話アプリLINEの特徴

スマートフォンを持っている方であれば、ほとんどの方が利用しているアプリ「LINE」。

元々がスマホアプリなのでスマホでの使いやすさは秀逸。加えて、スタンプが充実しているのも人気があるポイントです。

PC版もリリースされているのですが、PC版はかなり機能が制限されており「PC版はスマホ版の補助」といった意味合いが強いです。

細かく設定することも出来ませんし、スマホ1台、PC1台は同時ログインできても、スマホ2台やPC2台での同時ログインは出来ません。

LINEがPCやタブレットで新規登録できるように!アカウントを2つ持つことが可能に!

2016.08.29

Skypeの特徴

通話アプリSkypeの特徴

SkypeはPC版が元となっているのでPC側で設定出来る事は多く、簡単に調整出来ます。

(どのパソコンの内部マイクを使うか外部マイクを使うのか、音量を自動調節にするか、ファイルの受け取りはどうするかなど)

さらに、PC2台で同時ログインする事も可能なので扱う端末が多い人には便利です。

 

逆に言うと設定できる部分が多いのでこだわろうとすると複雑ですし、LINEのように連携するアプリが多いわけではないので完全に「通話に特化したアプリ」です。

メッセージ(チャット)機能も使いやすいですが、スタンプという点ではLINEに大きく劣っています。

 

Facetimeの特徴

Facetimeの特徴

Facetimeは、他の二つとは大きく違うアプリです。

Apple製品に限定されている事を省いても「ビデオチャット専用」という意味合いが強いですね。

無料であるにもかかわらず、Apple製品同士なら電話番号から検索してコールできたり、登録しているメールアドレスからコールできるのも特徴的です。

Facetimeというだけあって、大画面で顔が表示されるように調整されておりLINEやSkypeとは違った独特な使用感です。

 

他の二つのアプリと違って多機能性はないですが、ビデオチャット用ソフトとしては非常に良く出来ています。(電話番号で検索できるというのはかなり便利ですね。)

全体的に言えば開発コンセプト通りスマホ中心ならLINE、PC中心ならSkype、Apple製品同士でビデオチャットにこだわるならFacetimeという認識で良いと思います。

複数使い分けるのも便利ですが、使用する端末によっても使うアプリに変えてみましょう。

宜しかったらシェアをお願いします!