スマホ業界では日本のみならず世界的にiPhoneの普及率が高く、日本製のスマホは苦戦を強いられています。

そこで今回はiPhone以外の日本製端末メーカーをいくつか紹介します。どのAndroidスマホを買ったらいいか分からない!と悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

Androidの国内シェア率トップ?「Xperia」

Androidのシェア率トップ?「Xperia」

画像:Xperia

ソニー製のXperiaは国内のAndroid系スマホのシェア率トップを誇る端末です。

一時期はNTTドコモのギャラクシーと合わせて2大トップを狙っていた時期もありますが現在はXperiaの一本押しです。

Xperiaの良いところは高性能で高品質という所です。値段が若干高いですが、カメラの性能やバッテリーの持ちも良く、高級スマートフォンの的な雰囲気をまとっています。

若干評判の悪かった「arrows」の現在

若干評判の悪かったARROWSの現在

画像:ARROWS

Arrows(アローズ)は日本製スマホの中でも不名誉ながら評価の悪かった機種です。

ワロウズ(悪い+arrows)というあだ名をつけられてしまった理由は排熱処理がままならず、熱暴走によるフリーズやシャットダウンが酷かったからと言われていますが、現在のところはかなり改善しています。

実はarrowsを展開している富士通はドコモ系のシニア向け端末「らくらくホン」もリリースしており、このシリーズは正式にarrows系の一つだとされています。

[kanren postid=”962″]

最近のarrowsのスマホはスタイリッシュな物が多く結構デザインがかっこいいです。

格安スマホがを契約する方が徐々に増えてきていますが、arrowsのスマホを利用している方も多いので個人的におすすめのスマートフォンです。

シャープの「AQUOS PHONE」は?

シャープのAQUOS PHONEは・・・

画像:AQUOS PHONE

母体となる会社シャープの経営状況が悪く、イメージの低迷が続く「AQUOS PHONE」。

AQUOSといえば画質にこだわった同社のテレビとしても有名な名前ですが、スマホもかなり画質にこだわっています。

ただ現状はXperiaの方が画質も勝っているので地味な印象ですが、Xperia程値段は高くないのでそこそこの画質でお手頃な価格のスマホを使いたい方におすすめです。

京セラのスマホは格安スマホとしても活躍

京セラのスマホは格安スマホとして活躍

京セラの端末は3大キャリアからはリリースが減っている一方で、格安スマホとして数多くの端末を発売しています。

なるべく安くて日本製のスマホを所持したいという方にとても人気があり、ほとんどの機種が防水仕様で使い勝手も良いと評判です。

現状ではXperiaの一人勝ちといった印象の強い国内産のスマートフォンですが、Android系で無難な機種選びをしたいならXperiaのZシリーズが良いでしょう。

[kanren postid=”1768″]

一方で格安スマホとして考えるなら強いのは京セラです。電話やメール、ブラウジングやLINEなどのアプリが使えれば良いというなら十分です。

ちなみにソニーモバイルは格安スマホ業界にも参入しており「Xperia  J1 Compact」というZシリーズの廉価版のような機種をリリースしています。