MacbookとiPhoneを繋げると「このコンピュータを信頼しますか 」が何度も出るときの対処法

信頼をするを押しても信頼されない

MacbookとiPhoneの充電が同じタイミングで無くなってしまい、コンセントに差して充電をしようと思うも、コンセントの差し込み口が1つしかない・・・。

そんな時はMacbookをコンセントに差して充電し、MacbookのUSBポートにライトニングケーブル(iPhoneを受電するケーブル)とiPhoneを繋ぐと、MacbookとiPhoneを同時に充電する事が出来ます。

しかし、MacbookとiPhoneをライトニングケーブルで繋ぐと「このコンピュータを信頼しますか」という質問が何度も出てしまう方に向けて対処方法を紹介します。

信頼をするを押しても信頼されない

信頼をするを押しても信頼されない

「このコンピュータを信頼しますか」という質問の下に「信頼する/信頼しない」の2択があり、「信頼する」を押してもしつこく何度も同じ質問が出てきます。

ネットで探してみると自分と同じ様な状態の人は多く、上手く認識されない方がちらほらと見られました。

MacbookやiPhoneを最新の状態にアップデートをしてもこの問題は解消されなかったので、MacbookやiPhoneに問題があるのではなく、ライトニングケーブルに問題があるのかもしれません。

 

差し込むライトニングケーブルを変えることで認識された

上手く認識されない時に使ったライトニングケーブルは、iPhone6sを購入した時に付属されている純正のものでした。

そして上手く認識できたのは「TOPLAND」のライトニングケーブルです。

TOPLANDの充電器はコンビニや家電量販店でも販売されていて、僕が購入したのは上の画像の充電器です。この充電器にはライトニングケーブルも付属されています。

純正のライトニングケーブルからTOPLANDのライトニングケーブルに変えてiPhoneを繋いだ所、「このコンピュータを信頼しますか」という質問もされず無事認識してくれました。

 

TOPLANDのライトニングケーブルでなぜ認識できたのかは謎ですが、iPhoneやパソコン側に問題があるのではなくケーブル自体に問題があることも考えられますので、昔のiPhoneのケーブルや市販の充電器に付属されているケーブルを持っているのであれば、そちらで一度試してみましょう。

TOPLANDのライトニングケーブルを繋いだからといって確実に認識されるかは保証できませんが、どうしようもない場合は是非試してみてください。

宜しかったらシェアをお願いします!