iPhone SEとiPhone 6Sのスマホを比較!性能やスペック、容量、サイズなどどちらがオススメ?

iPhone SEとiPhone6Sどちらを買うべき?

Appleの新しい機種であるiPhone SEがauやドコモ、ソフトバンクで発売されました。

今回は最新機種のiPhone SEと、いまだ人気のある機種iPhone 6Sとの性能やスペックを比較します。

サイズはもちろん、性能や機能にも若干の違いがあったりするので、iPhone SEを購入しようか迷っている方は参考にしてください。

iPhone SEとiPhone 6Sの違い

iPhone SEとiPhone 6Sの違いを比較

画像:Apple

iPhone SEとiPhone 6Sの違いを以下にまとめました。

iPhone SE iPhone 6S
サイズ 高さ:123.8mm
幅:58.6mm
厚さ:7.6mm
高さ:138.3mm
幅:67.1mm
厚さ:7.1mm
ディスプレイサイズ 4インチ 4.7インチ
重さ 113g 143g
容量 16,64GB 16,64,128GB
OS iOS9.3 iOS9.3
RAM 2GB 2GB
プロセッサ 64ビットアーキテクチャ
A9チップ搭載
組み込みM9モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ
A9チップ搭載
組み込みM9モーションコプロセッサ
アップルペイ あり あり
3Dタッチ機能 なし あり
バッテリー 1642mAhバッテリー 1715mAhバッテリー
センサー 3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
カラー シルバー/スペースグレイ/ゴールド/ローズゴールド シルバー/スペースグレイ/ゴールド/ローズゴールド

スマホのサイズやディスプレイのサイズはiPhone SEの方が小さくなっています。

ご存知の方も多いと思いますが、人気のあったiPhone 5Sと同じ大きさです。ちなみにiPhone SEはiPhone 5sのカバーケースでも代替出来ます。

関連:iPhone SEのおすすめスマホカバーケース!お洒落で人気のハード、ソフト、手帳型を紹介

 

スマホの処理機能を左右するプロセッサはiPhone SEとiPhone 6Sで同じなので、処理速度などは変わりません。

内蔵バッテリーはiPhone SEの方が低いですが、iPhone 6Sと比べてスマホ自体の大きさが小さくなっているため、エネルギー消費も低くなります。そのため、内蔵されたバッテリーがスマホのサイズにあわせて小さくなるというのは至極当然なことです。スマホの大きさを考慮すると、大きな差というわけではありません。

iPhone SEに3D Touch機能はついていませんが、無くては困るというものでもありません。

関連:iPhone6sの機能「3D Touch(タッチ)」ならLINEに既読をつけないで見れる!

 

iPhone SEとiPhone6Sどちらを買うべき?

iPhone SEとiPhone6Sどちらを買うべき?

iPhone SEとiPhone 6Sの性能の差はないので、選ぶべき一番のポイントと言えばスマホの大きさです。

iPhone 6Sの大きさだと男性でも手のひら一杯の大きさになるので、女性が片手で操作するには中々難しい端末となっています。

通勤時の電車内で片手でスマホをいじるのは困難なので、そういった方にはiPhone SEがおすすめです。

 

逆に、huluやドコモのdTV、ネットフリックスやYouTubeなど、スマホで頻繁に動画を見るという方はiPhone 6Sがおすすめです。

iPhone SEの大きさだと動画をしっかり見るのには物足りない大きさなので、動画をよく見るという方はiPhone 6SやiPhone 6S Plusが良いでしょう。

 

また、iPhone SEの容量は最高で64GBなので写真や動画をかなり撮影したり、iPhoneに音楽をダウンロードしたり、大量のアプリをインストールするという方は注意してください。

iPhoneは外付けのマイクロSDで簡単に容量を増やすことが出来ないので、自分がどれくらいの容量を使っているのか事前に確認しておきましょう。

普通に使っている方であれば64GBの容量で余裕ですし、iClouなどのオンラインストレージを使えば基本的に大丈夫です。

宜しかったらシェアをお願いします!