指紋認証だけで買い物が出来る?2020年東京オリンピックへ向けたシステムが凄い!

2020年のオリンピックへ向けて

外国人観光客に向けて、現金やクレジットカードを持たなくても指紋認証だけで買い物が出来るシステムの実証実験が夏から始まります。

現金から電子マネーやクレジットカードに移行していった様に、指紋認証だけで買い物が出来ればお財布を持ち歩かなくて良いので、利便性がかなり高くなりそうですね。

2020年のオリンピックへ向けて

2020年のオリンピックへ向けて

手順として、外国人旅行者は空港で指紋やクレジットカード情報を登録し、店頭に置かれた端末で指紋認証をして料金の支払いをするというものです。

まだ実証実験を行う段階ですが、箱根や鎌倉、熱海と言った外国人に人気のスポットの飲食店やホテルに指紋認証の端末を設置するそうです。

東京オリンピックが開かれる2020年には、東京はもちろん全国的に利用できる様になります。

 

この指紋認証システムはセキュリティ能力が高く、支払いの際には一本の指だけでなく二本の指で認証をするということなので、精度が高く認証ミスもまずないでしょう。

外国人が日本の旅館に泊まる際にはパスポートを提示しなくてはいけませんが、これも指紋認証で代用出来る様になるみたいです。

 

指紋認証だけで買い物が出来ると現金やクレジットカードを持ち歩かなくて良いので、落として失くしてしまう心配もありません。

どれくらいのスピードで指紋認証が出来るのかは分かりませんが、改札で使えるSuicaの様に、ワンタッチでスピーディーに行えるのであれば、日本の紙幣に慣れていない外国人の方でも簡単に非は来駕できるので店頭の混雑も解消されそうです。

外国人のみならず、日本全体に普及していってほしいシステムですね。

宜しかったらシェアをお願いします!