MacBook Pro Retinaディスプレイ 15インチを1年使ってみた感想・気づいた事・レビュー

Retinaの読み方はレティーナ

「MacBook Pro Retinaディスプレイ 15インチ」を購入して早一年が経ちました。

MacBook Proを使ってみた感想や使って気づいた事など、MacBook Proの購入を考えている方に向けて感じた事を全て書いていこうと思います。購入の際の参考になれば幸いです。

Retinaの読み方はレティーナ

Retinaの読み方はレティーナ

MacBook Pro Retinaディスプレイは解像度が高く、動画などの映像を鮮明に見る事が出来ます。

「Retina」は英語で「網膜」という意味で、画素が細かく人間の目で識別できる限界を超えている、ということから命名された。
-Wikipediaより

 

このパソコンを買った当初はずっと「レチナ」と呼んでいたのですが、ある日友達との会話で間違いであることに気づきました。

友達「そういえばパソコンって何使ってるの?」

僕「Windowsのデスクトップと、半年前にMacのパソコン買ったからその2台かな」

友達「俺もMac使ってるけど良いよねー」

僕「Mac良いよね!しかもProで画質が綺麗だし!」

友達「Pro使ってるのか!俺はAirだなー 画質が良いってことはレティーナディスプレイ?

 

こんな感じの会話で『あ、レチナじゃないんだ』と気づいたんですよね。

友達が間違っている可能性もあるんじゃ?と思うかもしれませんが、その友達は間海外に住んでいた経験もある人で英語もペラペラなんですよね。この経歴からして彼が正しいんだろうなと直感しました。

「そ、そう!レ、レティーナモデルだよ!!」と、さも知ってましたよ感を出して答えましたが、Retinaはレティーナと読むみたいです。

でも結構「レチナ」と呼んでいる人多いですよね。

 

Retinaディスプレイの画質は綺麗だけども

Retinaディスプレイの画質は綺麗だけども

Retinaディスプレイは画質が綺麗で、Netflixやhuluなどの動画を見る際にはストレスフリーで楽しむ事が出来ます。

既に持っていたWindowsのデスクトップPC(液晶一体型)で動画を見ると、画質が粗くモザイクとまではいきませんが、所々非常に見にくく感じることがありました。

もちろん画質の善し悪しはパソコンによると思いますが、基本的に動画はMacBook Proで見る様になりましたね。

 

Retinaディスプレイの画質はかなり良いのですが、体感としては「テレビと同じくらい」でした。

昔読んだネットの記事で「ある一定の解像度(ピクセル数)を超えると人間の目では識別が出来なくなり、違いを感じる事が出来ない」といった内容のものがありました。

Retinaディスプレイの解像度も「人間が識別できる一定の解像度」の数値を超えているので、個人的にRetinaディスプレイは「テレビ以上でも以下でもない画質」というのが感想です。

 

最近のテレビも4K、8Kとどんどん画質が良くなっていますが、多くの人は「なんとなく綺麗に感じるけど今のテレビの画質で十分」と感じていると思います。

パソコンの場合、画質が良くなればなるほど処理に負荷がかかってしまい、その負荷を解消するためにパソコン内のチップやパーツが高性能なものになります。高性能なものになれば値段も上がってしまうので、画質が高ければ良いというわけではなかったりします。

人間が識別出来るラインの画質の高さがベストだと思いますが、それを超えてどんどん画質を高くしていくのはあまり意味が無い気がします・・・。

兎にも角にも、ノートパソコンでテレビ並みの画質で映像を見る事が出来るRetinaディスプレイは十分凄いと思います。

 

起動スピードや再起動のスピードがかなり速い

起動スピードや再起動のスピードがかなり速い

Windows系のノートパソコンを使った事が無いので比較が出来ないのですが、起動のスピードがめちゃくちゃ速いです。

再起動をする時でもすぐに消えて数秒で起動が出来るので、Windows系のパソコンを使っている人は驚くと思います。

 

Macに対応していないソフトもある

Macに対応していないソフトもある

自分のサイトの検索順位がどれくらいなのか調べる有料ソフトがあるのですが、そのソフトはWindowsのみでMacには対応していません。

そのソフトを使うときだけWindows系のデスクトップを開いているのですが、このようにMacに対応していないソフトがあるので事前に調べておきましょう。

逆にMacだからこそ出来るソフトもあったりするので、自分がよく使うソフトウェアがある場合は対応しているか確認することが大切です。

 

MacBookにマウスは必要ない

MacBookにマウスは必要ない

MacBook Proを購入した時に何も考えず「マウスは絶対にいるだろ〜」と一緒にマウスも購入しましたが、正直いらないです。

Macのトラックパッドがかなり優秀で、複数の指でトラックパッドをスライドすると別のウィンドウを開けたりするのでマウスは必要ありません。

購入したマウスは右クリック、左クリックすら無い驚きのマウスでしたが、ノートパソコンというよりはデスクトップのMacで必要なんだと思います。

MacBookを使ってみて後から必要であれば購入すれば良いと思うので、僕みたいに最初から購入する必要はありません。

 

キーボードカバーには注意

キーボードカバーには注意

マウス同様、「汚れがつくしキーボードカバーはいるだろ〜」とキーボードカバーも購入しましたが、正直いらないです。

暗い部屋でMacBookを開くと自動的にキーボードが光りますが、キーボードカバーをすることで光が遮断されて何も見えなくなってしまいました。

もちろん光が遮断されない透明なキーボードカバーがあるので、キーボードカバーをつけるのであればそちらを購入してください。

 

MacBook ProじゃなくてMacBookやAirでも良かったかも

MacBook ProじゃなくてMacBookやAirでも良かったかも

1年間使ってみて「MacBook Pro 15インチ」じゃなくても良かったかもと感じています。

動画を見る時には便利ですが、15インチは結構大きいのでサイズの小さいMacBook(12インチ)やMacBook Air(11インチ)で良かったなーと思っています。

MacBookやMacBook Airの画質がProのRetinaモデルとどれくらい違うのかは分かりませんが、画質にもの凄く差があるわけではないと思うので、出先や外出先で使うことが多い方はMacBookやMacbook Airの方が良いと思います。

もちろんMacBookの使い方によりますが、僕はサイトを作ったり、そもそもiPhoneアプリを作る為にMacBookを購入したので(まだ作っていない)僕みたいな方はMacBook Proを購入する必要はそこまで無い気がします。

パソコンで絵を描くアーティストタイプの人はMacBook ProのRetinaモデルが良いんでしょうけどね。

ちなみに、MacBook Pro Retinaディスプレイには13インチのサイズもあるので、Proでサイズが小さいのが良いという人は13インチがオススメです。Proの15インチと比べると、中のチップや解像度に差があるので購入前に公式サイトで性能をしっかり確認してみてください。

 

最近はMacBook AirにiPad Proが取って代わるとも言われていますが、サイトを作ったりする方は着脱できるiPad Proのキーボードよりも、MacBook Airの方がキーボードを打っている感があると思います。

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro、iPad Proなど選択肢がかなりたくさんあるので、自分の用途に合わせて選びましょう。

 

AppleCareに入った方が良いの?

AppleCareに入った方が良いの?

僕自身AppleCareに加入しているのですが、今の所AppleCareのサポートは受けていません。

AppleCareは2万円もするので、入った方が良いのか悩んでいる方は結構多いと思います。Macbookは10万円以上する高価なものですし、iPhoneは2年程で買い替える事が多いですが、パソコンはそれより長く使うと思うのでお金に余裕があるのであれば念のため加入した方がいいと思います。

 

注意しなくてはいけないのが、修理の内容によってはAppleCareで対応出来ない場合もあります。

充電器が破損した場合は無償で交換ができますが、キーボードの故障はサポート対象外だったりします。

最近、僕のMacBookの一つのキーが外れてしまい、キーの裏側についている筈のプラスチックが取れていました。Appleに電話で問い合わせた所「もしキー側に問題があり、Apple直営店に持ってきてくれるのであれば無料でキーを取り付ける事が出来ます。キーではなくパソコン側に故障の原因がある場合は、キーボード全てを取り替えなくてはいけません。このキーボード全ての取り替えはAppleCareの保証の対象外です。」と言われました。

直営店が東京の銀座にあるので中々行けてないのですが、多分僕の場合はキー側に問題があるので無料で取り付けてくれると思います。もし、キーボード全ての取り替えとなると数万円の修理費がかかるそうなので、結局AppleCareも無駄になることがあります。

どんな故障をしてしまうかは分かる事ではないので、お金に余裕があるのであれば入った方が良いでしょう。

 

まとめ

「MacBook Pro Retinaディスプレイ 15インチ」を1年使ってみて、不満はありませんでした。

MacBookを使っている人はたくさんいるので、不具合が生じたり何か困った事があってもネット上に解決方法が大体載っています。

とりあえずノートパソコンが欲しい!と考えている学生の方は多いと思うので、今回の記事を参考にMacBookの購入を考えてみてください!

宜しかったらシェアをお願いします!