通帳がいっぱいになったらどうしたらいい?新しい通帳を作るには受け付け窓口で!

ゆうちょ銀行の場合は窓口(受付)で新しい通帳を発行

水道や電気、ガスなどの公共料金や携帯代、ネット代、家賃などを一つの通帳から引き落とししていると、記帳をした時にものすごい量になることがありますよね。

通帳がいっぱいになってしまい新しい通帳を作るにはどうしたらいいの?と悩んでいる方に向けて、新しい通帳の発行の仕方を紹介します。

ゆうちょ銀行の場合は窓口(受付)で新しい通帳を発行出来る

銀行によって新しい通帳の発行の仕方が異なります。

金融機関によってはATMの「通帳の更新」を押す事で新しい通帳を発行できたりします。

 

ゆうちょ銀行ではATMでの新しい通帳の発行が出来ないので、受け付け窓口で発行をしてもらいましょう。

新しい通帳を作る時に印鑑や免許証、保険証などの身分証明書は必要ありません。いっぱいになった通帳を窓口に持っていけば良いので、本人でなくても新しい通帳を発行する事が出来ます。もちろんお金は一切かからず無料です。

ゆうちょ銀行の場合は窓口(受付)で新しい通帳を発行

ゆうちょ銀行の場合、一番最初の通帳は右側の緑の通帳ですが、2つ目以降は上の3種類のデザインから選ぶ事ができます。

前回と違うデザインの通帳にすることで区別しやすいので、以前とは別のデザインにするのがオススメです。黒色が無駄にカッコいいですよね。

僕もつい最近通帳が埋まってしまったので新しい通帳を発行してきましたが、時間もかからず数分で発行してくれました。

宜しかったらシェアをお願いします!