Twitterに投稿出来る動画が30秒から140秒に!投稿できない人はアプリをアップデート!

Twitterの140秒動画が投稿出来ない人もいる?

Twitterに投稿できる動画が従来の30秒から140秒(2分20秒)に変更されました。

また、6秒動画で人気のVineも一部のユーザーに向けて、140秒までの動画を投稿出来るオプションも追加されています。

Twitterの140秒動画が投稿出来ない人もいる?

Twitterの140秒動画が投稿出来ない人もいる?

Twitterを見てみると140秒の動画がちらほらと投稿されていますが、中には140秒の動画を投稿する事が出来ないという方もいます。

140秒動画が投稿できないという方は、App StoreでTwitterのアプリを新しいバージョンにアップデートしましょう。

iOSで配信されているTwitterアプリをアップデートすればこの機能が使える様になります。

関連:Twitterに新機能「ステッカー機能」が追加!使い方・写真への貼り方・編集の方法

 

先ほど紹介したVineの機能は、iPhoneの方がAndroidのスマホをより先に利用する事ができます。

Android端末で試していないので分かりませんが、Androidのスマートフォンを使っていて、Twitterのアプリを新しいものにアップデートしても140秒動画が投稿出来ない場合は、140秒動画がAndroidスマホに対応していない可能性があるので、対応されるまで気長に待ちましょう。

30秒で歌ってみた系の動画を投稿している人も多いですが、投稿出来る時間が増えたことでさらに楽しめそうですね!

宜しかったらシェアをお願いします!