生命保険の見直し時期やポイントって?保険の掛け金を安くする方法とは

家族構成が変更になったら生命保険の見直しをしよう!

生命保険の見直しを考えている人は、今の保険料をなんとか安くしたいと思っているのではないでしょうか。

また、家族構成が変わり、現在加入している保険ではカバーできない契約を付加したいこともあるかと思います。

今回はそんな生命保険の見直し方法について説明します。

生命保険の保障内容を見直す

生命保険の保障内容を見直す

生命保険の保障内容を見直したいと考える時は、自分の年齢や家族構成の変化が主な原因となります。

年齢が高くなれば、若い頃には考えもしなかった病気になる可能性も高くなりますし、今までの保障内容では残された家族に十分な支払いを出来ないこともあります。

また、いま加入している生命保険が生存給付に重点を置いている契約の場合、残された家族のために死亡した後の保険金を考慮するため保険を見直す方も多くいます。

さらに、以前の受取人ではなく、別の受取人に変更することも生命保険の見直しに含まれます。独身の頃は親を受取人にしていたけれど、結婚したので妻を受取人に変更したいということもあるかと思います。

 

また、年齢が低く独身の場合は保険料が安い金額になっていますが、年齢が上がれば徐々に掛け金が高くなる生命保険もあります。

突然、生命保険料がある一定の時期を過ぎてから値上がりしたのなら、家計のやり繰りは厳しい状況になります。

この場合、どこかで生命保険を更新したことが考えられます。生命保険は最初の契約は短期間で、年齢に合わせて更新するかそのままやめるかを選べます。

しかし、大抵の生命保険会社はそのままの更新を勧めますので、いつの間にか更新した後の生命保険料が高くなっていることがあります。

最初は気にしていなくてもだんだん家計に対する負担が厳しくなるので、他の生命保険で見直しをすることを考えましょう。

 

生命保険の保険料だけ見直し

生命保険の保険料だけ見直し

毎月の掛け金が大変だと感じる時は、生命保険の保険料だけを見直しましょう。そんな時は、毎月払うよりも保険料が安くなる「前払い制度」や「年払い制度」などがあります。

ボーナスで一括払いをして毎月の支払いを楽にする方法もあるので、そちらも検討すると良いでしょう。

 

また、生命保険の見直しでは特約を消すと保険料が下がる傾向にあります。

保険外交員の勧めに従って、訳も分からず特約に付加しているケースが意外と多いです。

保険会社はその時の営業成績や会社の目標があるので、ほとんど関係がない特約も付加してくることがあるので、自分のケースを考えて見直しが必要な部分は削除しましょう。

 

特に問題なのは障害保障特約や介護特約、重度慢性疾患特約・女性疾病特約・積立祝い金です。

これらの契約を照合して自分の生命保険に該当するのなら、削除の検討をしてみましょう。無駄な特約を解約すると、毎月の掛け金がかなり安くなります。

 

家族構成が変更になったら生命保険の見直しをしよう!

家族構成が変更になったら生命保険の見直しをしよう!

独身だった人が結婚して世帯をもった場合は、生命保険を見直した方が良いです。

また、妻(夫)だけではなく、子供が増えた時も家族構成が変わったので生命保険の見直しの時期になります。

 

まず、妻の場合は配偶者を生命保険に追加すると、最終的に税金の控除額に影響を与えます。妻や子供を生命保険の受取人にしていると非課税対象になります。

つまり、自分が死亡した時に妻を生命保険の受取人にしていないと、相続する時に税金や財産問題が発生するのです。

そのため、独身の頃に兄弟や親戚に勧められた保険で、受取人が兄弟や親戚であれな受取人も契約も見直しが必要です。

基本的に生命保険の契約では受取人は誰でも可能なので、こういったケースに該当する人は注意が必要です。

 

まとめ

生命保険の更新時期には、自分の契約内容に特約がないか確認しましょう。特約を削除して別の生命保険にすれば、掛け金がだいぶ安くなります。

また、配偶者や子供が増えて家族構成が変わった場合は、忘れずに受取人を変更しましょう。

宜しかったらシェアをお願いします!