「Google Home」で家電を声で操作?Amazon Echoに対抗した製品を発表!

Google Homeとはどんなハブ?

Googleのイベントで「Google Home」というハブが発表されました。

Google Homeは家の中でネットワークに繋がっている家電を音声認識でコントロールするためのハブになります。

少し前にAmazonが「Amazon Echo」という製品をリリースしましたが、GoogleはAmazonに対抗する形でGoogle Homeを展開していく様です。

Google Homeは今のところアメリカのみの販売となり、アメリカでは既に予約が開始し11/4に出荷が予定されています。

Google Homeとはどんなハブ?

Google Homeとはどんなハブ?

Google Homeは他の端末やガシェットと組み合わせる事で機能を発揮します。

例えば、Chromecastと組み合わせると複数のスピーカーを同期することができ、1階と2階のスピーカーで同じ音楽を流すことが可能になります。

 

また、Chromecastに繋ぎGoogle Homeで「○○の動画を見せて」と言うとYouTubeの映像を流してくれます。

Googleが発表したスマホ「Pixel」にも音声認識機能の「Googleアシスタント」が組み込まれているので、Google HomeはGoogleの製品と製品を繋いでくれるガジェットとなります。

関連:Googleの新型スマホPixelが発表!初めて搭載される「Google Assistant(グーグルアシスタント)」とは?

家電などがネットに繋がる「IoT」という言葉を最近ではよく耳にしますが、今後もこの様な製品やデバイスが増えていきそうですね。

宜しかったらシェアをお願いします!