【Apple Pay】iPhone 7/7 PlusだけでSuicaにお金をチャージする方法!

Suicaアプリでチャージする方法

Apple PayにSuicaカードを登録すると、iPhoneで簡単にチャージをすることができます。

今回はiPhone 7/7 Plusを使ってSuicaにお金をチャージする方法を紹介します。

iPhone 7/7 PlusでSuicaにチャージする方法

Apple PayにSuicaカードの登録をしていないという方は、以下の記事を参考にApple PayにSuicaを登録してみてください。

【Apple Pay】iPhone 7/7 PlusにSuicaカードを登録・設定する方法、やり方

2016.10.25

iPhone 7/7 Plusを使ってSuicaにチャージをする方法は「Apple Wallet」「Suicaアプリ」の2種類があります。

 

Apple WalletでSuicaにチャージする方法

Apple WalletでSuicaにチャージする方法

iPhoneにダウンロードされているアプリ「Wallet」を起動します。

Apple WalletでSuicaにチャージする方法

Apple Payに登録したSuicaをタップし、右下にあるiマークをタップします。

メニューが表示されるので「チャージ」をタップしましょう。

Apple WalletでSuicaにチャージする方法

金額を選びタッチiDで認証することでチャージが完了します。

事前にApple Payに登録したクレジットカードから料金を支払われるので、Apple Payに対応したクレジットカードを登録しておきましょう。

Apple Payに対応しているクレジットカード

Apple Payに対応しているクレジットカードはイオンカードやdカード、楽天カード、三井住友カード、JCB、クレディセゾン、au、ソフトバンク、オリコ、ビューカード、TS CUBICカードなどです。

また、今回紹介したApple WalletでSuicaにチャージする方法は動画でも詳しく紹介されているので、こちらも参考にどうぞ。

 

Suicaアプリでチャージする方法

Suicaのアプリをダウンロードしていない方は以下のリンクからどうぞ。

Suica
Suica
無料
posted with アプリーチ

 

Suicaアプリでチャージする方法

Suicaのアプリを開き、Suica一覧でチャージするSuicaを選択します。

次にチャージする金額を選択しましょう。500〜10,000円の間でチャージ金額を選ぶ事が出来ます。

支払い方法はSuicaのアプリに登録したクレジットカードか、Apple Payに登録したクレジットカードになります。

どちらもクレジットカードが必要になりますが「Apple Payに対応していないクレジットカードを持っている」という方は、そのカードをSuicaのアプリに登録すれば使えると思います。

 

オートチャージができる便利な「ビュー・カード」

Suicaアプリにクレジットカードを登録しますが、その際にビュー・カードを登録している人は「オートチャージ機能」を使う事が出来ます。

この機能は改札を通るときに、残高が一定金額以下の場合、あらかじめ設定した金額を自動的にカードにチャージしてくれます。

オートチャージ機能をONにしていれば、わざわざチャージをしなくても残高がなくなった時点で自動的にチャージされるので、チャージを忘れて改札を通れなくなるという心配がなくなります。

 

この設定はSuicaアプリの「チケット購入・Suica管理」をタップし「オートチャージ設定」をタップすることで可能です。

Suicaアプリを使ってチャージする方法も動画で詳しく説明されているので参考にどうぞ。

宜しかったらシェアをお願いします!