iPhone 6sのバッテリーが残っているのに勝手に落ちる!Appleがバッテリーの無償交換を実施!

Apple直営店でシリアル番号を確認できる

一部のiPhone 6sでバッテリー残量が半分ほど残っているのに勝手にシャットダウンしてしまう現象が起きています。

これに対してアップルはバッテリーの無償交換を行ってくれます。2015年9月から10月に製造されたiPhone 6sで対象のシリアル番号を持つ端末に限ります。

iPhone 6でも同様の現象が確認されている様ですが、今回の無償バッテリー交換は上記の条件を満たしたiPhone 6sのみとなります。

Apple直営店でシリアル番号を確認できる

Apple直営店でシリアル番号を確認できる

自分のiPhone 6sが対象のシリアル番号か調べるにはAppleに問い合わせることで確認ができます。

バッテリーの無償交換は当日中に終わらない可能性もあるので事前に確認してみましょう。

 

ちなみに僕も1ヶ月程前からバッテリー残量が40%程あるのにも関わらず、自動的にシャットダウンされてしまうことが2、3回ありました。

僕はiPhone 6sを発売日に購入したので、発売日付近に購入した方はバッテリーの無償交換の対象になっていると思うので確認してみてください。

宜しかったらシェアをお願いします!