おすすめBluetoothイヤホンの価格別ランキング!iPhoneやAndroidで使える!

Bluetoothイヤホンのメリットや特徴

iPhoneやAndroidのスマホで使えるおすすめのBluetoothイヤホンを「5,000円以下」「5,000円〜1万円」「1万円以上」の価格別のランキング形式で紹介します。

どれもレビューや評価の高い人気イヤホンなので是非参考にしてください!(※Amazonの価格を参考にしているので、楽天で見ると値段に違いがある可能性があります。)

追記:新しいおすすめイヤホンを随時更新しています。

Bluetoothイヤホンの選び方とは

Bluetoothイヤホンの選び方とは

少し前までは有線のイヤホンと比べると音のズレや音飛び、音質の悪いBluetoothイヤホンがありましたが、最近のBluetoothイヤホンは音のズレを感じる事も少なく高音質のイヤホンも増えてきています。

おすすめのイヤホンを紹介する前に、Bluetoothイヤホンを選ぶ時におさえておくべきポイントをいくつか紹介します。

 

バッテリーがどれくらい持つのか

バッテリーがどれくらい持つのか

Bluetoothイヤホンは有線のイヤホンと違ってイヤホン自体を充電する必要があります。

どれくらいBluetoothイヤホンを使用できるのか「連続使用(再生)時間」を必ず確認しましょう。

一般的に通常のBluetoothイヤホンであれば5〜10時間のバッテリーの持ち、左右独立型のイヤホンであれば3〜5時間のバッテリーの持ちとなっています。

外出先で長時間使う人はイヤホンを2本持ち歩いたり、充電器付きのバッテリーケースがついたイヤホンを購入しましょう。

 

左右独立型かどうか

Bose SoundSport wireless headphones

Bose SoundSport wireless headphones

上の画像のイヤホンはBluetoothイヤホンに一番多いタイプです。

有線のイヤホンと比べると線が短く、首の辺りまでしか線が無いので洋服にひっかかりません。

左右独立型のイヤホンと比べると連続再生時間が長いものが多く、5,000円以下で高音質なイヤホンも多くあります。

AirPods

AirPods

BluetoothイヤホンにはAppleのAirPodsの様に、完全に線がない左右独立型のイヤホンがあります。

簡単に装着することができますが、イヤホン自体が軽いので通常のイヤホンよりも無くしやすいです。

連続再生時間は3〜5時間と短いですが、充電バッテリケース付きのものが多く大体1万円以上します。それぞれの特徴があるので自分に合った方を選択してください。

 

コーデックで音質が変わる?

コーデックで音質が変わる?

コーデックとはデータの圧縮方法のことを言いいくつか種類があります。このコーデックによって音質が若干変わると言われています。

Bluetoothイヤホンで使われてるコーデックは「SBC」「AAC」 「apt-X」「LDAC」などがあります。

iTunesやiPhoneなどApple製品に対応されているのが「AAC」、サムスンやシャープ、ASUSのZenFoneやソニー、富士通などのAndroid端末に多いのが「apt-X」、ソニーのウォークマンなどハイレゾ音源に対応しているのが「LDAC」です。

「SBC」のコーデックは必須コーデックとも呼ばれ、どの端末も必ずSBCコーデックが搭載されています。

 

高音質と呼ばれるコーデックは「AAC」「apt-X」「LDAC」ですが、イヤホンがAACに対応していても、端末(スマホやウォークマン)がAACに対応していなければ意味がありません。イヤホンと使用する端末のコーデックが同じでないと意味が無いので注意しましょう。

また、「AAC」「apt-X」「LDAC」は音質が良くなると言いましたが、圧倒的な違いがあるというわけではありません。

5,000円以下のAAC(高音質コーデック)対応のイヤホンと1万円以上のSBC(標準コーデック)対応イヤホンを比べてみると、やはり1万円以上のイヤホンの方が高音質の傾向にあります。

多くのコーデックに対応している分には損は無いのでイヤホンを選ぶ際に参考にしてください。

 

5,000円以下のBluetoothイヤホン

1位:SoundPEATS(サウンドピーツ)

SoundPEATS(サウンドピーツ)
  • 2時間の充電で最大6時間音楽を聴ける
  • ヘッド部分に磁石がついているため使わない時はイヤホンを固定できる
  • 高音質Bluetooth4.1に対応で低消費電力化を実現
重さ 15g
イヤホンタイプ イヤーフック型
連続使用時間 6時間

このイヤホンは「高音質コーデックapt-X」に対応しているので、Bluetoothイヤホンによくみられる左右のズレがかなり軽減されています。

耳にかけるタイプのイヤホン(イヤーフック型)で、防汗防滴仕様なのでランニングなどスポーツ時にもつけることが出来ます。

Amazonのベストセラー1位にも選ばれたイヤホンで、評価も高く価格の割に高性能です。とりあえずBluetoothイヤホンがほしい!というのであればSoundPEATSのイヤホンで十分だと思います。

iPhoneやiPad、iPodではイヤホンのバッテリー残量を確認することができます。

2位:QCY QY8

2位:QCY QY8
  • マイクを内蔵しているのでハンズフリー通話ができる
  • 3サイズのイヤーピース、イヤーフックが同梱されているので自分の耳にフィット
  • ノイズキャンセリング、防水・防汗対応
カラー ブラック/ホワイト
連続使用時間 6時間

遅延が少なく高音質な「QCY QY8」は人気の高いイヤホンです。同時に2台の機器に接続して音を出す事ができます。

ハンズフリー通話にも対応しているので、イヤホンをしたまま電話をすることも可能です。メーカーの1年保証がついているので安心できます。

音質も良く6時間のバッテリーの持ちは嬉しいですね。

3位:COULAX

COULAX
  • シンプルなデザインで耳にフィット
  • 2時間の充電で最大8時間の連続使用が可能
  • Bluetooth4.1、CVC6.0ノイズキャンセルでクリアな音質、マイク内蔵でハンズフリー通話が可能
連続使用時間 8時間
カラー ブラック

連続使用時間が8時間というバッテリーの持ちで、イヤホンについている音量調整ボタンで操作できるのでかなり便利です。

プツプツと音が途切れる事無く、Amazonのレビューでは「装着感がトップクラス」というコメントもあり評価が高いイヤホンです。

4位:QCY QY19

3位:QCY QY19
  • ノイズキャンセリング、APT-Xコーデック対応で遅延が少なく高音質
  • マイク内蔵なのでハンズフリー通話が可能
  • 耳元のボタンで音量調整・曲の早送り一時停止などの操作が可能
重さ 12.7g
連続使用時間 5時間
カラー ブラック/ブルー/ホワイト/グリーン

同時に2端末のペアリングが可能で、Bluetooth4.1に対応しているので高音質で聴く事ができます。

インナー型イヤホンなので、耳にかけるタイプのイヤホンが苦手な方にはおすすめです。

5位:Mpow Magneto

Mpow Magneto
  • 連続再生8時間の長持ちバッテリー
  • ノイズキャンセル、Bluetooth4.1に対応
  • マイク内蔵でハンズフリー通話が可能

連続再生が最大で8時間という長持ちバッテリーのイヤホンです。

同時に2つのデバイスと繋げることもでき、イヤホンのバッテリーが切れそうになった時は音声で知らせてくれます。18ヶ月の保証も行っているので安心です。

6位:Parasom A1

Parasom A1
  • IPX5防水なのでスポーツ時にもつけれるイヤホン
  • Bluetooth4.1、CVC6.0ノイズキャンセル対応で高音質
  • マイク内蔵でハンズフリー通話が可能
連続使用時間 5時間
カラー ブラック・グレー/ブルー/レッド

高音域と低音域に極端に偏っていないので、丁度良い音質で音楽を聴くことができます。

耳にフィットしスポーツをしても外れにくいイヤホンで、イヤホンをしない時はヘッド部分に内蔵されたマグネットをくっつけてまとめる事が可能です。

7位:GIMart Bluetooth

GIMart Bluetooth
  • ランニングなどスポーツをする方におすすめの耳掛けイヤホン
  • 防汗防滴、ノイズキャンセル、マイク内蔵で価格も安い
連続使用時間 5時間
カラー ブラック

運動をしていてもズレにくいイヤホンで、音声調整ボタンで音量の上げ下げ、次の曲や前の曲へ曲送りもできます。

楽天では商品が見つからなかったのでAmazonのみとなります。12ヶ月の保証期間もついているので安心できますね。

8位:ELEGIANT

ELEGIANT
  • 線がない左右独立型イヤホン
  • 連続再生時間は片耳で4時間、両耳で2.5時間
  • ノイズキャンセル、マイク内蔵
連続再生時間 片耳4時間、両耳2.5時間
カラー ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク

左右独立型のイヤホンなのでカバンの中で線が絡まる事はありません。イヤホンをなくさない様に収納する袋も同梱されています。

ELEGIANTのイヤホンは音質が良くクリアに聴くことができます。イヤーフックなどはないので、ランニング時につけるイヤホンとしてはオススメしません。

9位:Anker SoundBuds Sport NB10

Anker SoundBuds Sport NB10
  • 防水規格IPX5に対応し、耳から外れにくいのでスポーツ時におすすめのイヤホン
  • 連続再生時間6時間のバッテリーの持ち
  • クリアな音質でランニング中でもしっかり聴こえる
連続使用時間 6時間
カラー ブラック/グリーン

iPhoneのモバイルバッテリーで有名なメーカーAnkerのイヤホンです。

スポーツ用イヤホンということもあり、耳から外れにくく防水機能も搭載しているのでコスパは最高です。

10位:EC Technology

EC Technology
  • Bluetooth4.1、ノイズキャンセリングを搭載したシンプルなデザインのイヤホン
  • マグネットが内蔵されているので使わないときはまとめられる
  • 音質は値段相応
連続使用時間 4.5時間
カラー グレー&ブラック/ブラック&レッド/ピンク&ホワイト

耳元には音声調整ボタンがあり、シンプルなデザインのイヤホンとなっています。

耳にかけるタイプのイヤホンが苦手な方には嬉しいカナル型タイプのイヤホンです。

 

5,000円〜1万円のBluetoothイヤホン

1位:SONY MDR-EX31BN

SONY MDR-EX31BN
  • 騒音の約98%を取り除くノイズキャンセリング機能搭載
  • 同時に8台の端末を接続することができるマルチペアリング対応
  • 連続再生時間9時間、ワイヤレスとは思えない程の高音質
連続使用時間 9時間
カラー ブラック/ホワイト/レッド

iPhoneやAndroid端末はもちろん、ウォークマンも接続する事が出来ます。

「ノイズキャンセリング機能」は雑音を減らし、人のしゃべる声が丁度聴こえるくらいに遮断されるので、外を歩きながら音楽を聴く方にとってはおすすめのイヤホンです。

Bluetoothイヤホンは有線よりも音質が悪いと言われがちですが、SONYのMDR-EX31BNはかなりの高音質なので驚くと思います。

バッテリーの持ちもよく、マイクが内蔵されているのでハンズフリー通話も可能です。MDRの丸いボタンを押すだけで通話に出る事ができます。

2位:SONY SBH20

SONY SBH20
  • 連続再生時間6時間のバッテリーの持ち
  • 簡単接続が可能で、曲の再生・一時停止・曲送りが出来るリモコン付き
  • 高音も低音もクリアに聴ける高音質なイヤホン
連続使用時間 6時間
カラー ブラック/ホワイト/ピンク/オレンジ

SBH20にはマイクも内蔵しているのでハンズフリー通話にも対応しています。

エコーキャンセル機能や、マイクで拾った騒音を抑制するノイズリダクション機能もついているので、音楽を聴く以外の事でも使えるイヤホンです。

また、NFC機能を搭載したスマートフォンであればワンタッチで接続する事ができます。多くのAndroid系スマホにはNFC機能がついているので便利ですね。

連続使用時間6時間というバッテリーの持ちで、耳につけやすいカナル型イヤホンなのでおすすめです。

3位:MicBridal(マイクブリダ)

MicBridal(マイクブリダ)
  • Bluetooth4.1、IPX7防水、HIFI高音質、ノイズキャンセリング機能搭載
  • 中音域を重視したクリアな音質
  • 連続再生時間10時間のバッテリーの持ち
連続使用時間 10時間
カラー ブラック/レッド/イエロー

IPX7の防水規格に対応しているイヤホンは珍しく、雨や汗だけでなくコーヒーやビールなどの水分からも防ぎます。

低音域や高音域よりは中音域を重視しているので、邦楽や洋楽など様々なジャンルの音楽をクリアな音質で楽しむ事ができます。

連続再生時間10時間というバッテリーの持ちのよさです。評価も高くおすすめなイヤホンです!

4位:BackBeat Fit BACKBEATFIT

BackBeat Fit BACKBEATFIT
  • スポーツ時におすすめのワイヤレスヘッドセット
  • 撥水ナノコーティング加工をしているので汗や水に強い
  • 連続再生時間8時間のバッテリーの持ち
連続使用時間 8時間
カラー レッド/ブルー/グリーン

「BackBeat Fit BACKBEATFIT」はスポーツ時に使うイヤホンとして考えられているので、暗い場所でも分かりやすい反射加工がされたイヤホンです。

マイクも搭載されていて、雑音を軽減するノイズキャンセリング機能もついています。

連続再生時間8時間というバッテリーの持ちに加えて、端末との接続が切れた時に省電力になる「ディープスリープモード」があり、接続していない間に充電が消費されてしまう問題を解消してくれます。

中音域をメインとしていて音質もよく、1年間のメーカー保証付きなので安心です。

5位:GLIDiC Sound Air WS-5000

GLIDiC Sound Air WS-5000
  • 連続再生時間8時間のバッテリーの持ち
  • 音質はクリアで重低音が非常に聴きやすい
  • 「AAC」「apt X」対応で高音質の音を楽しめる
連続使用時間 8時間
カラー ブラック/カッパー

音楽の再生や停止を行える調整ボタンがあり、アルミニウムボディのイヤホンが耳にフィットします。

同時に2台の端末に接続することが可能で、8時間バッテリーが持つので長時間使用する方にとってはおすすめなイヤホンです。

低音から高音までクリアな音質で聴く事ができ特に重低音が聴きやすいです。邦楽はもちろん、洋楽EDMやダンスミュージックは臨場感がでておすすめです。

6位:QCY

QCY
  • コードがない左右独立型のBluetoothイヤホン
  • マイク内蔵なのでハンズフリー通話が可能
連続使用時間 3〜4時間
通話の場合4〜5時間
カラー 黒/赤

イヤホン側面にあるボタンを長押しするだけでペアリングができます。

左右独立型イヤホンなので若干バッテリー容量が少ないですが音質は快適です。

7位:SONY MDR-XB70BTBZ

SONY MDR-XB70BTBZ
  • 連続再生時間9時間のバッテリー容量
  • 音量調整ボタンがついているので、スマホを出さなくても操作ができる
  • 低音がよく響きBluetoothイヤホンとしては高音質
連続使用時間 9時間
カラー ブラック/ブルー/レッド

首にかけるように装着するイヤホンで、シリコン製なので首にフィットし違和感を感じる事はありません。

耳にすっぽりとはまるカナル型でマイクを内蔵しているのでハンズフリー通話もできます。

気になる音質ですが、低音の伸びが良く音質は十分です。かなり新しい商品なので購入してみてはいかがでしょうか。

8位:APlay(エープレイ) NA1L

APlay(エープレイ) NA1L
  • SNSなどの通知を知らせてくれる「音声アシスタント機能」搭載
  • 連続再生時間が6時間の軽量イヤホン
連続使用時間 6時間
カラー ホワイト

LINEやTwitter、Facebookなどのタイムライン情報やSMSの通知を音声で知らせてくれる機能がついたイヤホンです。天気や路線情報も音声で教えてくれるのでかなり便利です!(専用のAndroidアプリをダウンロードする必要があります。)

12gという軽量のイヤホンなので長時間つけていても耳が疲れません。音質もクリアで非常に聴きやすいです。

9位:meizu ISM-MEIZU-EP51

meizu ISM-MEIZU-EP51
  • 軽量で防水、Bluetooth4.0対応
連続使用時間 6時間
カラー レッド&ブラック

アルミニウム素材のイヤホンなのでかなり軽量な仕上がりになっています。防水機能もあるのでスポーツ時にも使えるイヤホンです。耳元の音声調整機能で音量の上げ下げができます。

10位:IZOU 折り畳み式骨伝導ヘッドホン

IZOU 折り畳み式骨伝導ヘッドホン
  • 骨伝導で音楽を聴く事ができるので耳を塞がない
  • 雨や汗に強い防滴仕様でスポーツ時にも使える
  • 折りたたみ式なのでかさばらない
連続使用時間 8時間
カラー ブラック/ゴールド/レッド

骨伝導イヤホンなので耳を塞がず、音楽を聴きながら周囲の音を聴く事が出来ます。また、マイクを内蔵しておりiPhoneであれば通話をすることも可能です。

8時間というバッテリーの持ちで、頭への締め付けも少ないヘッドホンとなっています。高音よりも低音が広く響きます。

 

1万円以上のBluetoothイヤホン

1位:Bose SoundSport wireless headphones

Bose SoundSport wireless headphones
  • Bluetooth、NFC対応、マイク内蔵なのでハンズフリー通話が可能
  • リチウムイオン電池を採用し連続再生時間が6時間
  • 高音や低音にかたよること無くどの音域も聴きやすい
連続使用時間 6時間
カラー ブラック/アクア/シトロン

イヤホンは防滴仕様となっているので雨や汗に強く、スポーツ時に使うイヤホンとしてはおすすめです。

音響メーカーであるBOSE製のイヤホンということもあり、高音や低音の伸びや響きの良さには驚きます。

音量を調整するリモコンもイヤホンに搭載されているのでスマホをポケットから出さなくても操作することができます。

2位:JBL EVEREST 100

JBL EVEREST 100
  • Bluetooth4.1対応、エコーキャンセリング機能を搭載しているので高音質
  • 連続使用時間8時間のバッテリーのもち
  • 電源ボタンを3秒押すだけでペアリングが完了
連続使用時間 8時間
カラー ブラック/ホワイト

16gという軽さでマイクを内蔵しているためハンズフリー通話が可能です。2台の端末に接続できるマルチポイントにも対応しています。

肝心な音質ですが、低音や高音もしっかりとした響きのある音を聴き取る事ができます。

S/M/Lのイヤーチップとスタビライザーが付属しているので、自分の耳にあったサイズにするとイヤホンがフィットし高音質で音楽を楽しめます。カナル型なので耳にすっぽりとはまります。

3位:B&O Play BeoPlay H5

B&O Play BeoPlay H5
  • Bluetooth4.2、apt-X、AACに対応の高音質イヤホン
  • 低音〜高音までバランスの良い音質
  • 音声調整ボタンがありマイクも内蔵しているのでハンズフリー通話が可能
連続使用時間 5時間
カラー ブラック/ローズ

低音・中音・高音が非常にバランス良く、apt-X、AACに対応しているので音のズレが無くかなりの高音質です。

ダイナミック型イヤホンで4サイズのシリコンイヤーチップ、3サイズのComply Sport イヤーピースが同梱されているので自分の耳に必ずフィットします。

B&Oのオーディオは性能が良く人気も高いので奮発してみてはいかがでしょうか。

4位:ERATO(エラート) Apollo7

ERATO(エラート) Apollo7
  • Bluetooth対応、防水機能を搭載した左右独立型イヤホン
  • 4gという軽さでマイクも内蔵しているのでハンズフリー通話が可能
  • 専用ケースにはApollo 7を2回フルで充電できるバッテリー機能つき
連続使用時間 3時間
(付属のバッテリーケースを使うと2回の満充電ができる)
カラー スペースグレー/シルバー/ゴールド/ローズゴールド

個人的にイヤホンとしての性能や機能を見れば1位なのですが、価格が高いのでこの順位となりました。

左右独立型イヤホンなので連続使用時間が3時間と短いですが、付属した専用ケースを使えば2回満タンまで充電をすることができるのでバッテリー切れには困りません。

イヤホン上部のボタンを押す事で電源を起動したり、ペアリングをすることができます。

音質がめちゃくちゃ良い!というわけではありませんが、低音も高音もクリアに響くので音楽を聴くには十分すぎます。線が邪魔で煩わしいという方にはかなりオススメのイヤホンとなっています。

5位:Sol Republic SHADOW

Sol Republic SHADOW
  • 耐久性に優れ長時間つけても首や耳が疲れないイヤホン
  • Bluetooth4.0対応、2台のデバイスに接続できるマルチポイント、耳にフィットするカナル型
  • 高音と低音の通りがよく迫力がある
連続使用時間 8時間
カラー ブラック/グレー/タイガーウッズ/ネイビー/ローズゴールド

よりよい装着感を追求するためにアメリカのNASAで研究・開発されたイヤホンで長時間つけても疲れにくいです。

音質も低音や高音に偏る事なく有線並みの音質で楽しめます。バッテリーの持ちも8時間とかなり長いのでおすすめです。

6位:PHILIPS TX2BTBK

PHILIPS TX2BTBK
  • Bluetooth4.1、NFC機能に対応しているので簡単に接続が可能
  • ボタンを押すだけで友達2人と同じ音楽を楽しめる「music chain機能」
連続再生時間 5.5時間
カラー ブラック/ホワイト

音質は低音が重視されていて広がりのある重低音の響きを感じる事ができます。

ワイヤレスイヤホンならではの「music chain機能」もあります。ボタンを押すだけで友達と同じ音楽を聴く事ができるのは便利です!

7位:AfterShokz TREKZ TITANIUM Slate Grey AS600SG

AfterShokz TREKZ TITANIUM Slate Grey AS600SG
  • Bluetooth4.1対応で骨伝導式のイヤホン
  • 防水機能があり汗や水分を防いでくれる
連続使用時間 6時間
カラー グレー/グリーン/ピンク/ブルー

骨伝導式のイヤホンなので耳を塞がずに音楽を聴く事ができます。両耳にイヤホンをしてしまうと周囲の音が聞こえず危険なので便利なイヤホンです。

低音〜高音までバランス良い音質で、重さも36gとかなり軽いので長時間つけていても疲れません。

8位:PLANTRONICS BackBeat GO3

PLANTRONICS BackBeat GO3
  • Bluetooth V3.0に対応、連続再生6.5時間のバッテリーの持ち
  • 撥水ナノコーティングをしているので汗や水分に強い
  • 本体をフルで2回充電できる専用ケース付き
連続再生時間 6.5時間
カラー コッパーグレー/コバルトブラック

2回満充電ができる専用ケースがついているので、旅行や出張などが多い方にはおすすめのイヤホンです。

ワンセグ音声にも対応していて音質もそこそこです。

その他のおすすめBluetoothイヤホン

Airpods

Bluetoothイヤホン「AirPods」
  • 1回の充電で5時間の再生が可能
  • 充電ケースでは複数回充電することができ、24時間以上のバッテリーの持ち
  • 15分の充電で3時間バッテリーが持つ

Appleが発売したAirPods(エアポッズ)は線が無い左右独立型のワイヤレスイヤホンです。

1回の充電で5時間の再生が可能なので、ワイヤレスイヤホンとしてはバッテリーの持ちが良いです。

AirPodsは耳に装着しているかどうかを感知するので、耳から外したと同時に再生されていた音楽が一時停止されます。

さらに音質も良くApple WatchやMac、iPhoneといったApple製品との連携もスムーズに行えます。また、タップで音声アシストのSiriを起動する事も可能です。

価格は16,800円(税別)でAppleの公式サイト、Appleストアで購入する事が出来ます。

 

Powerbeats3 Wireless

Powerbeats3 Wireless
  • 最大12時間のバッテリーの持ち
  • Fast Fuel機能によって5分の充電で約1時間の再生が可能
  • 耐汗・防沫機能もあるので運動時にも使えるイヤホン

「Powerbeats3 Wireless」はBeats by Dreのイヤホンで充電スピードが早いのが特徴的です。

AppleのW1チップを採用しているのでiPhoneとの連携もスムーズに行えます。音飛びが少なく、音質は低音がよく響きます。

価格は19,800円(税別)、カラーはホワイト/ブラック/イエロー/ブルー/レッドの5色となります。

Beat-in Stick

Beat-in Stick
  • 4.4gの軽量イヤホンで左右独立型のワイヤレスイヤホン
  • 連続再生時間3時間で収納ケースで2回フルに充電が可能
連続使用時間 3時間
(充電ケースでフルで2回充電可能)
カラー スペースグレー/ゴールド/シルバー/ローズゴールド
対応コーデック SBC、AAC
感度 -40dB ±2dB

「Beat-in Stick」はBluetooth4.1に対応したイヤホンで、ハウジング部分(耳を覆う部分)にマイクが内蔵されているのでハンズフリー通話が可能です。

ボタンを操作することもでき、メタリックな専用ケースがかっこ良くてオススメです。

THE DASH

THE DASH
  • 水中でも音楽を聴く事が出来るのでプールでも使用可能
  • イヤホン本体にも曲をいれることができ、容量は4GBで約1000曲も入る
  • 充電ケースを使えばフルで5回充電可能
連続使用時間 3時間
(充電ケースでフルで5回充電可能)
カラー ブラック

専用アプリを使う事でサイクリング、ランニング、スイミング時の心拍数や消費カロリーを計測することができます。

水中でも使えるので防水はもちろん、ノイズキャンセリングやマイクを内蔵しているのでハンズフリー通話も可能です。

AMPS AIR

AMPS AIR
  • 専用の充電ケースでは約15回のフル充電が可能
  • イヤホンの重量は両耳で12gという軽さ
連続使用時間 3時間
(充電ケースでフルで15回充電可能)
コーデック SBC
再生周波数帯域 20~20,000hz
インピーダンス 16Ω
カラー ブラック/ゴールド/ブルー/ティール

SOL REPUBLIC製のイヤホンで、15回のフル充電ができる充電ケースつきです。

コーデックはSBCなので高音質イヤホンというわけではありませんが、音楽を聴くには十分です。外出時に長時間イヤホンを使う方におすすめです。

ケースやイヤホンのデザインがスタイリッシュでカッコいいです!

Bluetoothイヤホンのメリットや特徴

Bluetoothイヤホンのメリットや特徴

Bluetoothで接続できるイヤホンは線が短いため、洋服に引っかかることが少なく通勤や通学時に使う方には便利です。

有線のイヤホンを片耳だけに装着した場合、もう片方のイヤホンが洋服の下から出てしまう事がありますが、Bluetoothイヤホンであれば線が短いのでそんなことも起きません。

最近は高音質のBluetoothイヤホンも続々と発売されているので、有線から無線に変えてみてはいかがでしょうか。

 

最近はiPhone7や7 Plusではイヤホンジャックがなくなったりと、ワイヤレスで接続することができるBluetoothイヤホンの需要は高まっています。

ビックカメラやヨドバシカメラの様な家電量販店でイヤホンを購入するのも良いですが、種類が多くありどれが良いのか悩んでしまう方は多いと思います。

今回紹介したBluetoothイヤホンはAmazonや楽天のレビュー評価が高いものを集めているので、悩んでいる方は是非参考にしてください!

宜しかったらシェアをお願いします!