LINEが発表したClova(クローバ)とは?アプリ「Clova App」音声認識スピーカー「WAVE」も発売

Clovaでどんな事ができる?

LINEは3月2日にスペインで開催された「モバイルカンファレンス2017」でクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表しました。

ClovaはNAVERまとめなどで有名な韓国のNAVER社とLINEが共同で開発するプロジェクトです。

LINEの発表によると初夏にはアプリの「Clova App」、音声認識スピーカーの「WAVE(ウェーブ)」を発売する予定です。

 Clovaでどんな事ができる?

 Clovaでどんな事ができる?

Clovaはニュースや天気情報を教えてくれたり「何かおすすめの音楽」と伝えると音楽の再生を自動的にしてくれたり、車に乗っている時に「あと何分で着く?」と訪ねると目的地までの時間を教えてくれるなど様々なサポートをしてくれます。

Clovaはプラットフォームなのでロボット掃除機やスピーカーなど、スピーカーやマイク、インターネットに接続している機器であればClovaを簡単に搭載できるようになります。

Clovaを搭載することでロボット掃除機が声だけで動いたり、音楽スピーカーの再生や一時停止を声だけで操作できるようになるかもしれません。

音声認識スピーカー「WAVE」は流行る?

画像:WAVE

日本ではまだ発売されていませんが、アメリカでは人口知能Alexaを搭載したAmazon Echo(アマゾンエコー)が人気を集めています。

Amazon Echoに何か質問をすると答えてくれたり、ニュースや天気情報、Amazonでの買い物も声だけで出来るデバイスです。

今回LINEが発表したWAVEはAmazon Echoと似たデバイスになると思いますが、発売されれば日本でも注目を集めそうですね。

 

ウィンクルは子会社化

さらに、バーチャルホームロボット「Gatebox」を発売したことで話題を集めた「ウィンクル」はLINEに買収されました。

LINEのClovaとウィンクルの技術力で今後もバーチャルホームロボットの共同開発が進められるそうです。LINEと連携することで今後も未来感溢れるロボットを生み出してほしいですね。

宜しかったらシェアをお願いします!