auからiPhoneを充電しながら音楽を聴けるイヤホン「RAYZ Plus」が発売!価格や仕様を紹介

RAYZ Plusの価格や特徴

auから1本のケーブルでiPhoneを充電しながら音楽を聴く事ができるLightning接続のイヤホン「RAYZ Plus」が発売されました。

iPhone 7、iPhone 7 Plusからイヤホンジャックがなくなったので、充電しながらイヤホンを使う事ができなくなってしまいかなり不便になっています。

BluetoothイヤホンLightningケーブル変換アダプターを使って充電しながら音楽を聴く方法もありますが、1本のLightningケーブルで済ませたという方にはRAYZ Plusがおすすめです。

今回はRAYZ Plusの価格や仕様について詳しく紹介します。

RAYZ Plusの価格や特徴

RAYZ Plusの価格や特徴

RAYZ Plusの価格は15,800円(税抜き)、5月21日まではauのショップなどで独占販売されていて、イヤホンのカラーはBronzeとGraphiteの2色があります。

RAYZ Plusにはノイズキャンセリング機能、イヤホンを外すと音楽が一時停止され再び付けると再生されるオートポーズ機能が搭載されています。

また、イヤホンにはマイクが搭載されているのでハンズフリー通話ができますし、音量調整ボタンやマイクミュートボタンがついているので、iPhoneをポケットから取り出さなくても音量の調整をすることができます。

RAYZ Plusの仕様

音楽を聴きながら充電をする場合は、ケーブルにあるLightning接続ポートに充電のLightningケーブルを挿し込みます。

わざわざ変換アダプタを挿さなくても充電+音楽の再生ができますし、ワイヤレスのBluetoothイヤホンではなく有線のイヤホンなので音質が良く音が途切れる事はありません。

RAYZ PlusはイヤホンだけでSiriを起動ができたりと、iPhoneとの相性が良いイヤホンなのでiPhoneやiPhone 7 Plusを利用している方におすすめのイヤホンです。

ちなみに、iPhoneで音楽を聴きながら充電ができるLightningイヤホンは世界で初らしいです。

宜しかったらシェアをお願いします!